近年動物病院経営は二極化の傾向があり、特に従業員10名以上(年商1億円以上)の大病院数が首都圏には多くなっているが、一方においては、家族経営的規模の従業員数3名以下(年商2千万円以下)の病院数も増加している。
上記の大病院について、院長先生が引退する場合にはどのようにすべきかを考えます。

事業承継自体は問題がないが相続税対策が重要となる。

獣医師資格を修得するのは難関の受験をくぐりぬけなければならず、資格業務は後継者が重要になる。



獣医師資格がない家族でも法人であれば経営できる。 当事務所では、動物病院を経営しているノウハウから経営手法をアドバイスする。

副院長への病院譲渡契約と経営の引継業務があります、これは幾つかのパターンがあり、病院オーナーと副院長協議を行う上のベストプランを提案する。

第三者への病院譲渡がありますが、これについても幾つかのパターンがあり、病院オーナーと第三者協議を行う上のベストプランを提案する。